今でこそ、個別指導型の塾は多く見かけるようになり、一斉授業を行う塾なども個別指導のクラスを併設するようになったが、明光義塾は設立時から個別指導でスタートした。これは全国でも初の試みで当時は大きな反響を持って迎えられました。


個別指導は、学習塾などが講師1人に対して生徒多数という「集団授業(一斉授業)」に対して、講師1人に対して少人数での指導するスタイルです。


個別は面倒見がいい、自分のペースで進められるというのがよく長所として挙げられます。ただ少人数個別指導と言っても、1回の授業で講師1人が生徒1人を担当する「1対1授業」から「1対5授業」というのも存在します。明光義塾では1対3での指導が多いようです。


1対2の授業の場合、先生の両脇に生徒がそれぞれ席に着き、交互に教えるスタイル。1対3?5の授業の場合、生徒は縦に1列に並び、先生が前後に移動することで教えることになります。


これは講師の力量にもよりますが、子供に合った進度で進んでくれるというメリットの反面、子供が遊んでしまうという事態もよくあります。真に個別指導のメリットを活かすのであれば月謝が高くなっても、1対1の指導がやはり望ましいのは言うまでもありません。


しかし1対1になれば、かなりの高価格の月謝になってしまいます。そこで、1対2や1対3の価格が安い方式に保護者はどうしても流れてしまいがちです。


できなくて問題をやらせると止まってしまう子供、単元の理解が十分でなく手助けしないと前に進めないタイプの子供は1対1での個別指導がお勧めです。


また、友達同士で一緒に個別指導に行くと場合も多々ありますが、あまりお勧めできません。友達同士だと先生も交えてどうしても友達感覚で授業を進めることになり、おしゃべりばかりして勉強がおろそかになる場合も多々あります。あまりにもひどいと注意を受けますが、生徒との関係、グループでの関係を鑑みて、割と見過ごされてしまう場合もあります。


面倒見が良い、自分の進度に合った指導という最大のメリットを活かすために個別指導を選ぶわけですから、そのメリットをつぶしてしまう要素はスタート時からできる限り排除していくことが保護者の役目になるでしょう。

明光義塾では、90分授業でテキストの問題を解き、○×をつけます。特に重要な問題は、×部分を授業中に再度ときなおし、宿題として×になった問題を再々度解くようになります。

次回の授業では、前回の学習内容を確認するために、理解度テストが行われます。この理解度テストでできなかった問題は、バーコードで読み取り、その問題はデータベース化されていきます。

理解度テストでできなかった問題は、類題蓄積30万問と言われるデータベースの中から、弱点克服の問題をえらに出し、再びそのプリントを解きます。こうしてやった問題、類題を解きながら、グルグルまわしていき、弱点ポイントを克服していくシステムを採用しています。

明光義塾では、RT(理解度テスト)の結果をデータベース化します。これはできなかった問題をバーコードで集積していくシステムで、この方法により、弱点克服のプリントが類題のデータベースは30万問のなかからすぐに取り出せるようになっています。圧倒的な類題の中から、自分にあった最適なテストをその場で作成して確認できる。明光義塾の一番の特徴といえるでしょう。

テストでミスする子の対策は?

授業開始までの流れ

明光義塾では、授業開始までの流れを、「入会カウンセリング」→「コーチ判定テスト」→学習計画作成→「学習法の指示」→「個別指導スタート」と位置づけています。

ここでいう「入会カウンセリング」とは、生徒、保護者、教室長による三者面談、「コーチ判定テスト」は、現状の学力把握と弱点発見のためのテスト、学習計画作成は、カウンセリングやテスト結果を元に学習計画を作成、「学習法の指示」は、一人一人に合わせた学習法の提案を指します。

個別指導の最大の長所である生徒一人一人に合った勉強を進めていくための最初のアプローチです。個別指導においては、この最初のカウンセリングと勉強の進め方の話し合いがもっとも大事です。意外とこのカウンセリングでは、生徒の問題点の話は保護者から出るわけですが、「だから、どうしていく・・・」という具体的な話につながっていきません。保護者はこの点をよく噛み締めてこの最初の指導のスタートまでのプロセスを大事にすることが必要です。

というのも、個別指導の長所は子供一人一人に合った指導をしてもらえることですが、指導に当たる先生はほとんどがアルバイトになります。明光義塾でも先生の募集は常にしています。地域によって若干の差はありますが、明光義塾の講師のバイト料は、おおむね

1コマ 90分  1,500円からとなっています。

時給に換算すると、1時間当たり1000円となります。本採用になるまでの研修期間は3ヶ月で、その間は90分1,350円から1,450円。その後、1ヶ月ごとに50円アップされ、3ヵ月後に晴れて1,500円になる仕組みです。この金額はアルバイトとして、それほど良いとは言えず、塾業界の中でも低い水準と言えます。水準が低ければ、塾業界においては、総じて「安かろう、悪かろう」になりやすい。

このようにせっかくの個別指導の長所が講師の質によって左右される場合があると保護者は考えておかなくてはならないでしょう。

一番最初に唯一の正社員である教室長と話す場面こそが、どういう講師を割り当てられるかに決定的な影響を与えるわけです。

ゆえに、現状把握や弱点はもとより、どうしてもらいたいのかを明確に伝えられる保護者だけが払った代価に見合う成果を手にすることができるわけです。ぜひその際には、数ヵ月後の目標点数などは決めておいてほしいと思いますし、塾側に「細かい、少しうるさいお母さん」くらいのインパクトを与える必要があります。

個別指導での成果は、最初で決まる!格言ではないけれど、そういうつもりで面接に臨んでください。

勉強を無理矢理させてもダメ?

難しい問題、苦手な問題を避ける子供への対応策

明光義塾の授業は平均して1対3の授業になることが多いようです。1対3というと、単純に計算すると、一人30分の指導という計算になります。残り60分が演習時間。これを多いと見るか少ないと見るかは個人によって分かれますが、思っているよりも総じて少ない時間になると考えておいたほうがよさそうです。

これは明光義塾だけの話でなく、他塾も同じような状況です。この30分指導、60分演習をどうやって成績に結び付けていくかはとても大事です。一番最初のカウンセリングが大事ですと別の項で書きましたが、次に大事になるのが、この1コマ90分の授業をいかに効率よく使えるか。

1対3の授業で、最初に前回授業の理解度テストが行われるとすると、早くできる子供のほうがその火の課題を提示されるのが早くなり、その分、指導も最初にできた生徒が中心になっていくのが現状です。

つまり、3人が平等に30分指導、60分演習に振り分けられるわけでなく、生徒によって、3人のグループ間の生徒の力によって振り分けられる配分が違ってくるということです。

もちろん、明光義塾でも個人差が出ないように講師は気を遣うわけですが、個別指導を経験した観点から言うと、勘善意平等に振り分けられることはないと考えておいたほうがいいでしょう。

特に3人のなかに問題ができなくて一人では止まってしまう生徒がいる場合、先生が付きっ切りになる場合も多く、グループ間の指導の様子は保護者がよくよく気をつけておかないといけない点です。

生徒は先生が指導する時間が少なくてもあまり文句は言いません。かえって放って置かれるほうが楽できていいくらいに思っている場合がほとんど。ゆえに家庭に帰ってからどれくらいの量を、どんなことをやっているのかを保護者がチェックする必要があります。

また、明光義塾では我が子が教室長に担当していただく割合は低いので、家庭での様子を教室長には頻繁に連絡するなどして、家庭での様子を伝えることが個別指導が謳っている真に面倒見の良い塾になると考えておいたほうが良いでしょう。

いずれにしても、ただお金を払っているだけで面倒見がよく成績を上げてくれるということはないということです。

以下、明光義塾の授業料を掲載します。しっかりこの代価に見合う報酬=成績アップを勝ち取ってください。


明光義塾の授業料 ※1科目90分授業です

基本時間割 ※教室によって若干時間が前後することがあります
A:15:00から16:30(土曜日のみ)
B:16:30から18:00
C:18:05から19:35
D:19:40から21:10


小学生・中学1・2年の月謝(授業料)
週1回 10,500円  週2回 21,000円  週3回 29,400円  週4回 37,800円 

中学3年月謝(授業料)

週1回 11,550円  週2回 23,100円  週3回 32,550円  週4回 42,000円 

高校1年月謝(授業料)
週1回 13,650円  週2回 27,300円  週3回 37,800円  週4回 48,300円 

高校2年月謝(授業料)
週1回 14,700円  週2回 29,400円  週3回 40,950円  週4回 52,500円 

高校3年・浪人月謝(授業料)
週1回 15,750円  週2回 31,500円  週3回 44,100円  週4回 56,700円 
 
 

成績不振で子供に当たってしまう


高額教材って、金額にあった効果が期待できるの?


明光キッズは、子どもたちが放課後の時間を有意義に過ごすためのアフタースクール(学童保育)、もっと詳しく言えば学童クラブの機能を兼ね備えた長時間預かり型学習塾ともいえます。


明光キッズは、子育てしながら働く女性が増加する中で、小学校1年生から長時間安心して預けられる機能を併せ持っています。


学童クラブの機能を兼ね備えた長時間預かり型学習塾「明光キッズ」では、この小学校1年生から6年生を対象とし、放課後の時間に、勉強やさまざまな体験、プログラムを通じて、子どもたちのもつ可能性、「学びの根っこ」を育てていきます。「学びの根っこ」とは子どもたちの成長のために必要な要素【せいかつ】【あそび】【たいけん】【まなび】のこと。


自立心と夢をかなえる力を持った子どもに成長していくためには、この4つの要素をバランスよく経験することがとても大切です。明光キッズでは子どもたちの夢を育てる「学びの根っこ」を育てます。


明光キッズでは、「明光義塾」の教育理念である「自立学習」や学習習慣をもっと早い段階である小学校低学年から身につけることも可能です。


明光キッズでは、毎日でも預けられる【クラブ会員レギュラー】と不定期に預けられる【クラブ会員スポット】があり、それぞれの事情に応じて預けられます。


毎日でも預けられる【クラブ会員レギュラー】は、毎週通う曜日を決めてサービスを利用する会員のことで、クラブ会員レギュラーの方は週に1回、まなびクラスがついています。入会時の保護者の方の就労条件はなく、週1回から通うことが可能です。


また、フルタイムでお仕事をされている方、専業主婦で自分の時間がほしい方、お子様さまに様々な体験をさせたいと思っている方、基礎学力を身につけさせたいという方も通えます。【クラブ会員レギュラー】は、定員がありますので、スタッフの目が行き届き、お子様さまが安全に過ごすことができます。


不定期に預けられる【クラブ会員スポット】は、利用の都度、日時を指定してサービスを利用する会員で、お仕事の予定が不定期な方、日々のイベントや長期休み中の特別イベントに参加したいと思っている方など、日時を選んで通うことができます。


また、新小学4~6年生を対象に、17~21時(最大22時まで延長可)までお預かりする「高学年レギュラー」もあります。


料金・クラス別価格
入会金21,000円  入会セット7,350円 (税込)

【クラブ会員 レギュラー】 (13:00~19:00)
週1回18,500円  (長期休暇中26,000円)
週2回30,100円  (長期休暇中41,800円)
週3回39,900円  (長期休暇中54,400円)
週4回47,700円  (長期休暇中63,800円)
週5回52,500円  (長期休暇中69,100円)


【クラブ会員 高学年レギュラー】 (17:00~21:00)
※自力通学が可能な小学校4~6年生対象
週1回9,800円
週2回18,500円
週3回23,750円
週4回27,000円
週5回29,800円


【クラブ会員スポット】
※クラブ会員スポットは、年会費として¥3,150が別途かかります
午前スポット3,675円
午後スポット4,150円
1日スポット6,930円
夜スポット3,150円

明光義塾オリジナルの指導法『明光式!自立学習』は、「勉強の仕方」「勉強の教え方」「未来教育」の3つの柱からなる生徒を自立学習に導き、成績を向上させる指導法です。

まず最初の「勉強の仕方」で自立学習のための、勉強の仕方を明光義塾では身につけます。やる気があっても、正しい勉強の仕方を知らないと、効果的に学習を進められませんからね。

そのため明光義塾では、ノートの書き方や家庭学習の習慣、定期テスト対策の仕方などを指導し、正しい勉強のやり方で主体的に学習を進める手助けを行います。


つぎの「勉強の教え方」では明光義塾は自立学習が身に付く指導を行います。明光義塾の授業では、公式や答えだけを覚えさせるだけの授業は行いません。生徒自身が調べ、考え、答えを導き出せるような勉強の仕方」を教えます。この自立学習の習慣が身につくのは明光義塾ならではの指導法といえます。


最後の柱「未来教育」では、明光義塾は単に成績にもとづいて志望校を選ぶことのない真の進路指導を行うことを示しています。子供にとって夢を持つことはとても大切です。夢を持つことで、生徒の学習意欲と自立心が育まれます。

明光義塾では、生徒一人ひとりが自分の将来をしっかり考える機会を作り、なりたい自分を見据えた上で進路を決められるように一緒に考えます。単なる成績アップのための学習は長続きしませんが、未来の自分を育てるためなら息の長い学習ができます。

明光義塾は、生徒に夢をもたせ、意欲を引き出すことによって成績向上と自立心の養成を図るわけですね。

「勉強の仕方」「勉強の教え方」「未来教育」この3つの柱を土台に自立学習を身につけるのが個別指導の明光義塾であり、『明光式!自立学習』といえるものです。


Q:明光義塾の授業はどんなふうに進められるの?

A:明光義塾では

「講師がポイントを教える」 → 「生徒自身が問題を解いてみる」 → 「講師と一緒に理解度をチェックする」という循環サイクルを繰り返しながら、生徒が自分の力で答えを導き出せるよう授業を進めていきます。

名づけて「明光式!自立学習」。「明光式!自立学習」とは生徒を自立学習へと導く明光義塾オリジナルの指導法です。

たとえば家庭教師は「自分だけ」の先生ですが、自分自身で「考える」よりも前に「教えてもらう」という依存心が生じてしまいがちです。個別指導では、講師1人が生徒数人を受け持ち、指導する際にはマンツーマンになります。

明光義塾では自分自身の力で考え、答えを導き出せるような指導を行いますので、自立心を育てながら学習効果を上げることができます。

明光義塾では宿題も出ます。宿題は授業の内容を定着させ、家庭学習を習慣づけるために必要不可欠です。子供の学習状況に応じて、適切な量の宿題が出されます。


Q:受講教科・通塾回数について
明光義塾は全学年・全教科に対応していますので、どんな教科でも受講が可能です。
「苦手な教科を克服したい」「得意な教科をもっと伸ばしたい」など、ご希望に応じて受講する教科を選ぶことができます。また、受講している教科を別の教科に変更したり、受講教科を追加することが可能です。なお、明光義塾では英検や漢検などの検定取得に向けての対策授業も行っています。

通塾回数については、明光義塾では、子供の学力や今後の目標、診断テストの結果などをふまえて、一人ひとりに最適な通塾回数を提案します。

「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」の直営及びフランチャイズシステムでの全国展開をしている「明光義塾」は、2011年8月24日、茨城県神栖市の「知手中央教室」の開設で、「明光義塾」全国2,000教室を達成しました。

1984年の会社設立から
1993年に500教室、
2002年に1,000教室、
2006年に1,500教室、
そして2011年8月で2000教室の達成。

学習塾の2,000教室達成は、自宅開放型であるKUMONや学研教室等を除けば、初めての快挙となります。

明光ネットワークジャパンは、アメリカ発のアート教育プログラムAbrakadoodle(アブラカドゥードル)を乳幼児向け美術教室としてショッピングセンターやホームスクールを中心にフランチャイズ展開し、10年後の2022年には2000スタジオの設置を目指しています。 
 
乳幼児向け美術教室「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」はアメリカ発祥のアート教育プログラムで、アブラカドゥードルのアート教育プログラムは、アメリカで有名な情報サイト(Nickeloden'sが運営するGoCityKids.com)で、保護者が選ぶアート教室部門の優秀賞を獲得するなど、高い評価を得ています。 
 
明光ネットワークジャパンの「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」の教室では、レッスンを通じて創造力や表現力、さらには子どもたちが生まれながらにして持つ様々な能力を養っていきます。 
 
「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」の授業の進め方は、先生がレッスンのテーマを説明、子どもたちは様々なアーティストの手法を学び、自分がどのような作品を作るのか想像します。子どもたちが様々なことを感じられる環境を提供し、発想の可能性を広げます。
  
テーマをもとに子供たちは個々に想像したものを形にしていきます。レッスンによって異なりますが、絵の具をはじめ、ねん土や定規、ハサミなど様々なマテリアル(画材)を使い、自由な発想で作品作りを行います。そして、レッスンの最後には、子供たち一人ひとりが発表。 
 
こうして幼い時期から、人前で発表することに慣れるだけではなく、作品に込めた思いを発表することは、人に何かを伝えるための言葉や工夫を自ら学び、コミュニケーション能力も養われます。
  
素朴な疑問として、では「お絵かき教室」や「絵画教室」と明光ネットワークジャパンの「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」はどう違うのか?
  
「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」では、子供たちのアートスキルの向上を重視していません。レッスンを通じて、創造力・表現力、またその他の能力を養っていくプログラムです。
  
そのため「abrakadoodle(アブラカドゥードル)」ではクラス毎に異なるレッスンを行います。 
 
アブラカドゥードルのクラスは子供の年齢に応じて、
1歳半から3歳まで「Mini Doodler」親子クラス 
※Mini Doodler(親子クラス)は保護者も必ずレッスンに参加
4歳から6歳まで「Doodler」
小1から小6まで「Big Doodler」
の3つのクラスがあります。 
 
レッスンがスタートできるのは、生後20カ月からで、1クラスの定員は6名程度です。
 
授業料
入会金¥10,500
入会セット¥5,250 エプロン・バッグ・のり・クレヨン・マーカー.
月謝¥8,400(通常のレッスンの料金)
維持費¥1,050.
※金額は全て税込です
 
設置教室
石神井公園スタジオ
東京都練馬区石神井町  石神井公園駅北口より徒歩2分

宝塚スタジオ
兵庫県宝塚市栄町  宝塚駅より徒歩5分.

 
明光ネットワークジャパンでは、2011年9月にこの米国発のアート教育プログラムAbrakadoodle(アブラカドゥードル)の2人の創設者が来日し、特別講演会を実施します。講演会は事前申し込みが必要です。 
 
特別講演会のテーマは、アート教育がいかに子どもの成長や能力開発に大きな効果を生むか、そして子どもたちが目を輝かせて楽しむマジックのようなAbrakadoodleのレッスンの秘密について。
  

開催概要
アブラカドゥードル特別講演会
「Abrakadoodle Magic~子どもの創造力とスキルを大きく育てるアート教育の重要性~」 
 
日時: 2011 年9 月28 日(水曜日) 13:00~14:30
場所: 株式会社 明光ネットワークジャパン 第1研修室 東京都新宿区西新宿7丁目20番1号 住友不動産西新宿ビル29階
講演者:
メアリー・ロジャース最高経営責任者(Mary Rogers, Abrakadoodle, Inc. CEO)
ローズマリー・ハートネット社長(Rosemarie Hartnett, Abrakadoodle, Inc. President)
参加費: 無料
講演会は事前申し込みが必要です

学習塾大手の明光ネットワークジャパンは、放課後の小学生を預かる学童クラブと学習塾を兼ね備えた「明光キッズ」を2011年2月に東京都内に開校、新たな事業「小学生専門の長時間預かり型学習塾」の開始を発表しました。

共働き世帯が増え、放課後、すぐに家に帰らない小学生が多いことに注目、これまで弱かった小学生向け事業を強化するようです。

明光ネットワークジャパンは、平成22年11月19日、小学校1年生~6年生を対象とした新しい事業モデル「小学生専門の長時間預かり型学習塾」明光キッズの開発に着手しました。

現在、「明光義塾」は小学生から大学受験の生徒を対象にした個別指導を展開していますが、その中心は中学生となっています。新学習塾「明光キッズ」では「明光義塾」の教育理念である「自立学習」や学習習慣を、もっと早い段階である小学校低学年から身につくようにしていきます。

子育てしながら働く女性が増加する中で、「安心して長時間預けたい」、同時に「質の高い学習指導を受けさせたい」などの社会のニーズは益々高まっており、小学校1年生から長時間安心して預けられる機能を併せ持った全く新しいタイプの学習塾はニーズがあると考えてのことのようです。

この新規事業の「明光キッズ」により、小学校低学年からの生徒を増やし、その後「明光義塾生」へとつなげることで、更なる顧客層の拡大並びに明光義塾事業とのシナジー効果があると明光義塾では考えています。

「小学生専門の長時間預かり型学習塾」明光キッズの概要
◆明光義塾の持つ個別指導ノウハウ、フランチャイズ展開ノウハウを活かした小学生対象の長時間預かり型学習塾「明光キッズ」の新規開発

◆「明光キッズ」直営教室の新規立ち上げ(平成23年2月に1教室開校予定)

◆「明光キッズ」のフランチャイズ展開(平成24年より開始予定)

事業コンセプト
「まなび」「たいけん」「せいかつ」を通じて自立心と夢をかなえる力を持った子どもを育てる。

◆「まなび」 小学校1年生~6年生を対象とした、5教科+生活科の自立学習の育成

◆「たいけん」 実験や工作など、さまざまな体験企画の実施による創造力の育成

◆「せいかつ」 13時~19時(基本預かり時間)での遊びや生活を通じた社会性の育成

明光義塾 VS 他塾メニュー一覧
明光義塾の特徴
 明光義塾と個別指導  明光義塾の評判  明光ネットワークジャパン、学習研究社と業務・資本提携  学童クラブの機能を兼ね備えた明光キッズ  明光式!自立学習  明光義塾Q&A  明光格付けアップ  明光義塾の新規開校教室情報  
学習システム
 明光義塾の個別指導の特色  明光義塾の授業開始までの流れ  明光義塾の授業料  明光義塾の入会カウンセリングとは?  明光義塾のWサポート体制  個別学習プログラムで早期自立をバックアップ  
講習会
 明光義塾の夏期講習  明光義塾「小学生の冬期講習」  明光義塾「中学生の冬期講習」  
他塾との違い
 塾が合格実績水増し 公取初の排除命令  明光義塾の授業は90分!  
講師の質
 個別指導塾が増加する理由  塾が「接客」優遇  
会社概要
 明光義塾 会社概要  フランチャイズ展開する明光義塾  明光義塾の沿革  明光義塾の明光ネット、経常利益20%増  明光義塾、業績好調  明光義塾の生徒数推移  
明光ニュース
 「明光義塾」が全国2,000教室突破へ  アメリカ発「アブラカドゥードル」で乳幼児向け美術教室展開  明光ネットワークジャパン、「小学生専門の長時間預かり型学習塾」を開校へ  明光義塾、早稲田アカデミーと業務提携  明光義塾、顧客満足度ランキングでトップ10入り  明光義塾の教室数と生徒数  明光義塾、学研の資本提携